の仕様 - Example Oriented Education

{[5th□.xlsm]の仕様}https://blog.goo.ne.jp/ep58-kit/e/968dfafca2b4856370283208ad69aa26/作業中(随時更新:パラグラフID未定)

%0:[5th□.xlsm]の仕様まず{G8E%0:gooブログでのHTML対策}および{G8F%0:gooブログのエディタ}を一読して,独善的な記法を用いる理由を理解してほしい.

%1:外部仕様・任意の文字列を「□」で表現 日本人には Excel の「text 関数」を使うより分かり易い[1]TEXT 関数 - Office サポートhttps://support.office.com/ja-jp/article/TEXT-関数-20D5AC4D-7B94-49FD-BB38-93D29371225C[2]エクセル 2010 の TEXT 関数の使い方を紹介します。https://www.tipsfound.com/excel/04text「セル」:=「文字列」でセルをクリックしたときに「数式バー」に入力する文字列を指定(1)列「D」の各セルを「Variant型」とする(2)「D12」(スタート)の値で計算開始点を指定する(3)「D13」(ストップ)の立下りで列「D」のセルの値を標本化して列「E」に保存  e.g.「F11」:=「E12+E20-E21+9*E22」(4)列「E」より右には列「E」のセルの値で定まる式を設定(5)「D12」:=「=1-$D$13」として「D19:D22」を「ラジオボタン」的に使う(6)[*.xlsx]ではマクロを削除し,「D11」:=「=0」にする(7)ワーク

シート内で入力したセルの値は列「D」のセルにコピーする  e.g.「D31」:=「=Cells(1,"J")」(「D31」:=「Cells(1,"J")」としない!)(8)セルの設定 ・定数の設定は「Cells(i,j).Value = 定数0」 ・数式の設定は「Cells(i,j).Interior.formula = 数式0」 ・背景色の設定は「Cells(i,j).Interior.color = 背景色0」(9)領域の設定は「領域0 = セル0」で「領域0」内の全セルに「セル0」をコピー